借金生活から立ち直る

メンズ

複数の有効な手法

借金の返済が困難となった者を救う手法として債務整理があります。債務整理には3つの種類が合って、任意整理、自己破産、個人再生があります。後ろの二つは法的整理であって、任意整理だけが法律の強制的な定めによらない債務整理です。任意整理は業者と交渉して借金の支払額を圧縮してもらいます。また、利息の減額をお願いすることもあります。それと同時に、一般的には月々の支払いを返せる範囲にしてもらうように和解します。そもそも借金問題に悩んでいる人は、毎月の支払いが収入を大きく超えてしまっているケースが多いからです。法律による強制的な手続きがなされないので、成立するかどうかは任意交渉の結果次第です。ただし、過払い金がある場合はその返還を受ける権利があり、債務がゼロになる可能性はあります。自己破産は、裁判所を介してすべての財産を清算してしまう手続きです。うまくいけば借金そのものがゼロになる免責決定を得られます。しかし、以後しばらくはクレジットカードを作成したり住宅ローンを組んだりすることができなくなったりするので、諸刃の剣でもあります。個人再生は民事再生の個人版で、借金を支払いながら立ち直っていく仕組みです。こちらも大幅な債務の減額を裁判所を介した強制的な手続きによって行うことができるので、支払額が過大になって生活を圧迫している方がとる手法として適しています。こちらもデメリットは自己破産と同様に以後暫くは借金ができなくなることが挙げられます。どれが良いかはどの利点をプラスに考えるかや、借金の額によっても変わってくるので、専門家である弁護士と相談して考えていくのがベストです。

Copyright© 2018 知っておきたい債務整理のこと|心当たりのある方は早めに All Rights Reserved.