適した手段を選択する

電卓

それぞれの利点がある

借金の返済が困難になったときにとる手段として債務整理があります。債務整理といっても一つの方法を示しているのではなく、複数の手段の総称です。手段によってメリットとデメリットがあるため、状況に応じて適した手段を選ぶ必要があります。まず、任意整理の手法が挙げられます。これは、債権者との間で借金の返済がしやすいように和解を結ぶ方法です。これは当事者間の交渉次第で柔軟に内容を決められるメリットがありますが、法的な強制力がないというデメリットがあります。つまり、応じるかどうかは債権者次第です。通常は、債務者自身が債権者に借金の減額や月ごとの返済額の減額などを申し入れても、債権者は応じることはありません。そのため、弁護士に交渉を依頼して行う必要があります。法的に強制力のある債務整理には、自己破産と個人再生があります。自己破産は、所有する財産をすべて清算して債権者の返済に充てて、免責を受けられれば返済できない分の借金もゼロになります。借金から完全に開放されるメリットがありますが、官報に情報が載ったり、一部資格の制限を受けるなどのデメリットがあります。個人再生は、住宅ローン以外の債務を大幅に圧縮することができる制度です。自己破産と違うのは、圧縮しながらも残った債務を払いながら再建を目指すという点です。自己破産なら住宅も手放さなくてはならなくなりますが、住宅を手放さずに債務整理ができるメリットがあります。官報に情報が載ったり一部資格の制限を受けるという点は自己破産と同じです。

Copyright© 2018 知っておきたい債務整理のこと|心当たりのある方は早めに All Rights Reserved.