借金問題を相談

お金

専門家に相談するべき

債務整理とは借金の返済が不可能になった人が返済可能な状況に債務を整理する事です。方法はいくつかあって任意整理と個人再生と自己破産があります。個人再生と自己破産は裁判所で手続きをして免責を認めてもらう事で債権者の意思は関係なく、債務を消滅させる方法です。それに対して任意整理は債権者と債務者との間で交渉をして元本や利息分を減額してもらったり、支払い総額は変えずに期限を延ばしてもらったりなど双方の話し合いで自由に条件を変更する方法です。自由に条件を変えて返済可能な状況を作る事ができますが、債権者は減額や期限の変更を拒否する事もできます。その為任意整理は債権者と債務者の双方の同意があって成立します。交渉する時は本院同士でなくても弁護士などの代理人が代わりに交渉する事も可能です。個人再生と自己破産は裁判所から免責を受ける点では同じですが、個人再生は債務の一部を消滅させて自己破産は債務の全てを消滅させる違いがあります。減額効果は自己破産の方が高いですが、破産後に受ける制限は個人再生よりも強いリスクがあります。返済不能になれば無条件で免責を認めてもらえるわけではなく、浪費やギャンブルなど免責不可事由にあたる債務に関しては免責が認められません。免責の手続きは本人が一人で行う事も可能ですが、素人が一人でするのは難しいので弁護士などの専門家が代理人で行うケースが多いです。専門家に依頼する時は費用がかかりますが、法律事務所や弁護士によって違いがあるので、比較して依頼する相手を検討すると良いです。

Copyright© 2018 知っておきたい債務整理のこと|心当たりのある方は早めに All Rights Reserved.