適した手段を選択する

電卓

債務整理には任意整理や自己破産、個人再生の手段があります。それぞれメリットとデメリットがあり、どれを使うべきかは状況によって異なります。したがって、それに合わせて適した手段を利用して、借金問題を解決していく必要があります。

詳しく見る

借金問題で悩んだら

貯金箱

借金問題は自己破産や民事再生、さらには任意整理があります。この任意整理は債務整理と呼ばれるもので、最も選ばれている方法ですが金融業者と直接交渉をして、利息の減免や支払期間の延長を求めるものです。家族や職場にも知られずに行う事が可能です。まずは借金問題は弁護士や司法書士の専門家に依頼する事が大切です

詳しく見る

借金問題解決のために

婦人

もしも借金が返せなくなってしまったら、一日も早く債務整理手続きを進めましょう。そうすれば借金の問題を根本的に解決することが出来ます。ただし債務整理にも色々な方法がありますので、まずは専門家である弁護士や司法書士に相談して手続きに移るのが最善でしょう。

詳しく見る

借金問題を相談

お金

債務整理とは債務が返済無能になった時に返済可能な条件に整理する事です。方法はいくかありますが、素人の判断では効率的に債務整理を進められない事が多いので専門家に依頼すると良いです。依頼をする時は候補をいくつか見つけて比較しながら検討すると良いです。

詳しく見る

借金生活から立ち直る

メンズ

債務整理には、任意整理と自己破産、個人再生があります。いずれも借金問題から立ち直るための有効な方法です。どれを選ぶかは、どの利点をプラスに考えるかや借金の額によって変わってくるので、専門家である弁護士に相談して考えていくのがベストとなります。

詳しく見る

過払い金は時効がある

男女

早めに手続きで返還

債務整理といえば、任意整理、個人再生、自己破産がありますが、このほかにも過払い金請求がありそのひとつです。債務整理は、現在借金を抱えていて返済が困難になった場合に行うイメージがありますが、完済をした人でも過去にしていた借金で、もしかしたら利息を払い過ぎている可能性があるのです。かつて消費者金融などの貸金業者は、本来であれば利息制限法に従い限度額に応じ15%〜20%を上限として融資をしなければならなかったのですが、多くの消費者金融では29.2%に近い金利で融資を行っていたのです。当然違法な金利であり、その違法な金利で発生した利息は本来支払う必要のないお金ですので過払い金請求の債務整理をして取り戻すことができるのです。しかし、何年も前にしていた借金のことだから当時の契約書やカードなど残っていない、そういった方でも弁護士に債務整理を相談すれば借りていた会社名さえ分かれば、取引履歴を取り寄せて過払い金が発生しているかを調べてもらうことができます。過払い金調査は無料で行ってくれる法律事務所が多いです。後は、弁護士が消費者金融と交渉をして請求を行います。ここで注意しなければならないのは、最終取引つまり完済をした日から10年経過してしまうと時効により過払い金を請求する権利が失ってしまうことです。また、消費者金融が倒産してしまっても請求することができなくなります。心当たりのある方は早めに請求手続きをすることです。

Copyright© 2018 知っておきたい債務整理のこと|心当たりのある方は早めに All Rights Reserved.